11月15日 高萩の歴史と出来事

11月15日 高萩での出来事

153年前の明治元年 1968年 玉薬(たまぐすり大砲を撃つための火薬と大砲2台が東京に向かって高萩宿を通過しました。東北地方での戊辰戦争が終了し、高萩宿の通過は11月中旬には少なくなり、このあと11月19日が最後の通過の記録となっています。

26年前の平成7年 1995年のこの日、国道461号線の中戸川バイの花貫第2トンネル 長さ180mが貫通しました。市内から行くと2番目に通るトンネルです。第一トンネルは平成6年 1994年10月28日に貫通しています。

15年前の平成18年 2006年のこの日、第20回県中学駅伝大会で秋山中学校女子チームが大会新で優勝しました翌年平成19年 2007年の11月15日にも第21回県中学駅伝大会で秋山中学校女子チームが連続優勝しています。

6年前の平成27年 2015年のこの日、鹿嶋市のカシマサッカースタジアムで、第94回全国高校サッカー選手権大会 茨城県大会 決勝戦 高萩の第一学院と日立市の明秀日立の試合が行われ、第一学院は3対2で敗戦となりました。第一学院からはバス3台に乗った市民やサッカースポーツ少年団の皆さんや、各地から合流した約400人が応援しました。高萩の第一学院は先取点を奪われ、その後2対1に逆転しましたが、その後同点、決勝点を許し、3対2で敗戦となり、全国大会への2年連続出場は叶いませんでした。でもコーナーキックからの2点より、パスの流れの中からゴールした第一学院の2点はとても光りました。明秀日立は創部20年で初制覇。第一学院は6年で4回の決勝戦。お互いにとても立派な成績でした。大変お忙しい中、高萩小田木市長も若者に声援を送っていました。

5年前の平成28年 2016年のこの日 東幼稚園で来春入園予定の子ども達7人が園内の小さな畑でサツマイモ掘りを体験しました。入園を前に園内の様子をいくらかでも知ってもらおうと企画したもので、サツマイモを掘った後は園庭で父兄や先生とあそび、掘ったサツマイモは1人当たり5本ずつ家に持ち帰りました。幼稚園児の子ども達は、以前に掘ったサツマイモをふかして食べ、この日の芋掘りを楽しみました。

5年前の平成28年 2016年のこの日 68年ぶりの近さとなった巨大満月スーパームーンは14日が本番でしたが曇り空のため見られませんでしたが、15日夜、午後時頃には高萩市内でも雲の合間からほぼ満月の、いつもより約10%大きい月を見ることが出来ました。